オールカマーと神戸新聞杯の感想

こんばんは!うららです。
オールカマーと神戸新聞杯の結果はいかがでしたか?

スポンサーリンク

第67回神戸新聞杯(G2)(阪神 芝2400m)

神戸新聞杯は菊花賞トライアルです。(3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられるトライアル競走)

ヴェロックス

私は神戸新聞杯でヴェロックスを本命にしてたので悲しくも散ってしましました。
サートゥルナーリアが3馬身もの差をつけて圧勝でしたね!
ヴェロックスは中内田厩舎だし信頼できる川田ジョッキーだったので逆転も可能!と思いヴェロックスに賭けたのですがダメでした。
しかし、2着とはいえ強かったですね。休み明けだし順調な仕上がりだったようです。
ヴェロックスは菊花賞を目指すとのことです。
距離適正はどうなのでしょうか。父のジャスタウェイは1600から2400が適距離ですね。菊花賞3000mに対応できるのでしょうか。

サートゥルナーリア

サートゥルナーリアは強いですね!ゴール前、鞭もいれずどんどん加速し伸びていきましたね!すばらしい勝ちっぷりでした。
ほんと強かったです。角居厩舎でルメール騎手なので信頼がおけますね。
ロードカナロア産駒なので距離的な問題なのでしょうか。このあとは菊花賞にいかずに天皇賞(秋)を目指すそうです。 楽しみですね。
そうそう。サートゥルナーリアはダービー4着でしたね。
ダービーの頃、ルメール騎手が残念なことに騎乗停止処分を受けて乗れなかったんですよね。
乗り替わりがラッキーマンのレーン騎手でしたね。積極的な騎乗をする若手ジョッキーでしたので、もしかしたらレーン騎手でダービー制覇がありうるのでは?と期待しましたが、ダービーは残念でした。
やはりルメール騎手とのコンビで最高の騎乗ができるということかもしれませんね。
天皇賞も期待してます。
ぐんぐんと差をつけて勝つ、あの強さを観たいです。

ワールドプレミア

3着はワールドプレミア。
友道厩舎で武豊ジョッキー。とても信頼できますね。
でもサートゥルナーリアとヴェロックスが強すぎたのでやはり3番手の評価にしましたね。
結果もやはり3着でした。見事、菊花賞の優先出走権を獲得してます。

私的にみて、騎手と馬を考慮したところ、ヴェロックス、サートゥルナーリア、ワールドプレミア以外には手がでませんでした。
ややさみしい感がありますね。
菊花賞を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

第65回オールカマー(G2)  (中山 芝2200m)

ここでの私の注目はレイデオロとウインブライトとクレッシェンドラヴでした。
ミッキースワローは気になりましたが、ジョッキーの腕がたりないんじゃないかと思い無印にしました。
レイデオロとウインブライトを信頼しすぎましたね(^^;
結果は
1着 ステッフィリオ
2着 ミッキースワロー
3着 グレイル
となりました。
1着馬には、天皇賞(秋)の優先出走権があるそうなので、ステッフィリオは天皇賞秋へ向かうのでしょうか。
グレイルは予想時にもう終わった馬かと思ってましたが、復活してよかったです。
ミッキースワローは横典じゃなくなったので、乗り替わりで不利かと思われたのですが、菊沢騎手のお手馬だったみたいですね。
父?の自厩舎の管理馬のようです。もう少し頑張れば、菊沢騎手の初の重賞勝ちに手が届いたかもしれませんね。
そんな感じのオールかマーでした。

天皇賞、菊花賞が楽しみです。

コメント