毎日王冠(GⅡ)はダノンキングリー、インディチャンプで堅そう!

こんばんは!
うららです。
今日は毎日王冠(GⅡ 東京 芝1800)、京都大賞典(GⅡ 京都 芝2400)ですね。
そして夜は凱旋門賞(GⅠ)すごく楽しみです。

毎日王冠(GⅡ 東京 芝1800)

10頭が出走します。
人気は1番人気がダノンキングリー(戸崎騎手 荻原清厩舎)
2番人気はインディチャンプ(福永騎手 音無秀厩舎)
3番人気はアエロリット  (津村騎手 菊沢隆厩舎)
4番人気がペルシアンナイト(シュタルケ騎手 池江泰厩舎)となってます。(10月6日1:05)

調教がよいのはダノンキングリー(ノーザンF天栄(福島)帰り)、
アエロリット(ノーザンF天栄(福島)帰り)、
インディチャンプ(ノーザンFしがらき(滋賀)帰り)
モズアスコット

上がりがよいのは ダノンキングリー    ★★★
ケイアイノーティック  ★★
ペルシアンナイト    ★★
インディチャンプ    ★
モズアスコット     ★

先行できるのは  アエロリット      ☆☆☆
ランフォーローゼス   ☆☆
インディチャンプ    ☆
マイネルファンロン   ☆
ダノンキングリー    ☆
モズアスコット     ☆

斤量に恵まれてるのは  ダノンキングリー  54 
ランフォーローゼス 54
アエロリット    55

スポンサーリンク

ダノンキングリー

やはりダノンキングリー(戸崎騎手 荻原清厩舎)が突出してますね。
しかも斤量が54キロで恵まれてます。
調教もよく、わりと先行できる位置につけ上がりも超優秀なら本命ですね!
これまでの戦歴は共同通信杯(GⅢ)、皐月賞(GⅠ)3着、ダービー(GⅠ)2着です。
皐月賞はサートゥルナーリアが1着、ヴェロックス 2着でダノンキングリーが3着ですが、頭差、鼻差でタイムは0.0で差がありません。あのサートゥルナーリアと接戦だったんです。
ダービーはロジャーバローズが1着でダノンキングリーは2着ですが、こちらもクビ差でタイムは0.0で差がないんです。
かなり強く、堅実に走ってくれると思いませんか?
ダービー後もノーザンF天栄(福島)でしっかり乗り込まれているはずなので、さらに強くなってるでしょう。
しかも、ディープインパクト産駒なので1800mは適距離です。
ジョッキーも替わらず戸崎騎手なので期待できます。

スポンサーリンク

インディチャンプ

2番手はインディチャンプ(福永騎手 音無秀厩舎)にします。
安田記念(GⅠ)1着、東京新聞杯(GⅢ)1着 主にマイル戦で活躍してますね。
父がステイゴールドなので、距離が延びても大丈夫だと思います。
東京は2戦2勝してますので左回りも問題ないです。
調教よく、先行できて上がりの足もあるのでチャンスです。

スポンサーリンク

アエロリット

3番手はアエロリット(津村騎手 菊沢隆厩舎)です。
今回は乗り替わって津村騎手、やや弱いですかね。
戦歴はNHKマイルカップ(GⅠ)1着、クイーンS(GⅢ)、安田記念(GⅠ)2着 2回、毎日王冠(GⅡ)ですばらしいです。
東京コースは1着3回,2着3回、着外2回で得意コースです。
昨年の毎日王冠の覇者ですね。安田記念は2017、2018で2着です。そのときの騎手は戸崎騎手とモレイラ騎手です。
今年の戸崎騎手はダノンキングリーですから、騎手の面でいうとマイナス要素ですね。
でも調教も仕上がりもよく、実戦歴もあり逃げ延びるパワーがありますから、3番手の評価にします。

そのほかに少し狙ってみたいのはペルシアンナイトです。
シュタルケに乗り替わりが好材料です。
それからモズアスコットです。
近走の成績は13着,7着、7着、6着ですが、主にGⅠ戦、GⅡ戦でのものです。
乗り替わりもあるし調子も良さそうなので、穴として一発あるかなぁ。
ランフォーローゼスは初ブリンカーだそうです。距離短縮でもあり好走の可能性もありそうです。

でも、やはりダノンキングリー、インディチャンプで堅そうな気がしますね。
3番手にアエロリットで。
狙うなら、この3頭ですね。

また、明日、パドックを見つつ検討します。

では。またね。

コメント