菊花賞はワールドプレミア!武豊ジョッキーが昭和、平成、令和の菊花賞を制す!

こんばんは!
うららです。

スポンサーリンク

菊花賞(GⅠ)

昨日の菊花賞は1番人気のヴェロックスが敗れ、3番人気のワールドプレミアが勝者でした。
2着はサトノルークス、3着はヴェロックスでした。
私は馬券、外しちゃいましたね。
2着のサトノルークスを買ってませんでした。
6番手くらいの評価にしてたので買い目が多すぎて、最後に絞ったらサトノルークスは消えちゃってましたね。
4000円くらいの投資で当たったのは、ワールドプレミアとヴェロックスのワイド100円だけだったので、払い戻しは320円。
昨日の収支は-3680円でした。
でも、この週末の収支としては+3240円だったのでプラス収支なのでしょうがないけど、まっいいかと思ってます。

10月トータル収支  2500円  (ショぼい)

今週末の天皇賞で勝負!します。

それにしてもレジェンド武豊騎手すごいですね。
菊花賞(クラッシックGⅠ)は5回も優勝してます。
1988年に菊花賞を史上最年少の19歳で勝ちました。スーパークリークで勝ったときは2年めの19才だったんですね。
第49回 1988年(昭和)スーパークリーク
第57回 1996年(平成)ダンスインザダーク

ダンスインザダークも凄かったですね!あの豪脚はドキドキしました。
あのときは勝たせてもらって4万円くらいになったんですよね~。

第61回 2000年(平成)エアシャカール
第66回 2005年(平成)ディープインパクト

ディープインパクトも凄かったです。
それも38000円くらいGET!で潤いました。

第80回 2019年(令和)ワールドプレミア

今回のワールドプレミアは私の馬券では利益にならなかったですけど、感動をいただきました。
今回は史上最年長の50才で勝ち記録を塗り替えました。

昭和、平成、令和と3つの元号で菊花賞(GⅠ)を制覇してます。
すばらしいですね。
武豊騎手にとっても久々のGⅠ勝利なのでファンとしても嬉しいです。

武騎手の巧さはすばらしいですね。
位置取りも内側を走り、ヴェロックスをマークするようにすぐ後ろにいるし、さすが天才です。
興奮と感動をありがとうございました。



ヴェロックスは直線で伸びなかったですね。
川田騎手が”距離かなぁ”と言ってましたね。
菊花賞は3000メートル、やはり長距離適正、スタミナが必要ですね。

2着のサトノルークスは、ヴェロックスより先着したので強さが光ってました。
セントライト記念はリオンリオンの2着、今回はワールドプレミアの2着ですね。
2着が多いと、なかなか勝てない感じがしてステイゴールド産駒を連想しちゃいますけど、ディープインパクト産駒ですね。
次走が楽しみです。

私が狙ったスミヨン騎手のヒシゲッコウは10着でした。やはり経験を積まなきゃGⅠは厳しいですね。次走に期待したいと思います。

コメント